姑の姑がもの凄い人物だった。後日姑から涙ながらの感謝をされ二人で祝杯を上げたw